老人ホームと聞けば少し前までは生活の世話をしてもらうための環境だったかもしれませんが、最近の老人ホームは環境がかなり変わってきています。

入居したいと希望している人が増えてきていますので、老人ホームに入るメリットや選び方について紹介していきます。

 

■老人ホームに入居するメリット

老人ホームに入居するメリットは、2つのメリットがあります。

まず1つ目のメリットは、何かあったらすぐにお世話をしてくれるということです。

 

介護までは必要ないけど、歩くのが大変だったり入浴するのが大変だということはあります。

夫婦同士はともに高齢のこともありお互いに世話をするのは大変ですが、入居することで付き添って世話をしてくれたり見守ってくれる人がいるので、生活していて困ることは少なくなります。

 

2つ目のメリットは、入居者と仲良くなれるということです。

年を取っていくと行動範囲が狭くなって、新しく友達ができるのは難しくなってしまいます。

 

しかし、老人ホームへ入居すれば、同じ年代の人がたくさん生活していますので仲良くなれる機会は多くあります。

気の合う人と話ができるようになると生活するのが楽しくなります。

 

■老人ホームの選び方

老人ホームの選び方は、ホームページなどを見て選ぶことになります。

興味を持てる老人ホームがあれば、見学か体験の入居してみるといいでしょう。

 

実際に行ってみないと施設内の雰囲気や生活環境を知ることはできませんので、足を運んでみることから始めることをおすすめします。

老人ホームの実践的な選び方

年を重ねるにつれて、今までの生活環境をあまり変えないことを望む傾向が見られます。

どこでも気軽に動いていける元気な体でしたら、好きな時にどこでも外出できますが、自由に動けなくなる状態なら、地元の老人ホームを探した方が、散歩の景色や日常の空気もあまり変わらないので安心感がある場合が多いようです。

 

スタッフは、介護の資格を持っている方なので、基本的なことはよく分かっていらっしゃいますが、入居者の状態や人数によって忙しさも違いますし、それぞれの力量も違いますので、実際に入っていらっしゃる方がどんな生活をされているのか、体験したり見学してから決めた方がよいそうです。

 

食事は、基本的に朝、昼、晩と規則正しく用意してくれますが、個人個人が使用するおむつや室内で使用するボックスティッシュやトイレットペーパーは各自で用意するホームもありますので、実際に支払う費用の中に、どんな内容が含まれているのか確認する必要があります。

 

また、病気をした時の対応ですが、老人ホームに定期的に問診に来てくださるところもあれば、スタッフの方が近くの病院まで連れて行ってくれるところもあります。

持病がある場合は、対応していただけるか確認が必要です。

 

足腰が弱ってくると、どれだけ親族が努力しても、思うような行動がとれないことが多くなり、介護する側も介護される側もストレスが溜まってきます。

老人ホームで、プロにお任せして、親族が共倒れにならないようにすることも大切です。