歳を取るとなかなか思うように体が動かなくなり介護が必要になってくる方も多いです。

子供や孫に迷惑を掛けるくらいなら有料老人ホームに入ろうと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

でも老人ホーム選びで失敗したらという不安もあります。そこで今回はそんな老人ホームについて書いてみたいと思います。

有料老人ホームとは簡単に言うと高齢者が暮らしやすい住まいで食事や家事、介護などのサービスが提供されるところです。

 

誰でも入居できるわけではなく年齢や健康状態によります。60歳〜65歳以上を条件とする施設が多いですが、夫婦での入居を考えている場合はどちらが満たしていればいい場合も多いみたいです。

個室と共用施設が併設されていることが多い有料老人ホームですが、大きく分けると健康型・住宅型・介護付きの3種類があってそれぞれで入居条件などが変わります。

 

老人ホーム選びは非常に大切なことですが同時になかなか難しいと思います。

失敗しないための選び方としてはとにかく情報収集が大切です。ネットだけでなく都道府県に問い合わせたりパンフレットを取り寄せるのが重要です。

 

選ぶ際にはまず過去にその施設で職員による犯罪がなかったかは施設の職員管理についても分かるので知っておいたほうがいいです。

また料金も大事ではありますがそれ以上に医療・看護体制などのサービスや食事の栄養管理などについて比較検討するといいです。

 

費用としては入居時に支払う入居金と毎月払う月額費用があります。

入居金は無料から数百万円くらいと施設によって違うのでよく調べる必要があります。月額費用については必要な介護の度合いなどによって変わりますが10万円〜30万円前後くらいが多いのでご自分の資産や今後入る見込みのあるお金をきちんと計算していくことが必要です。

 

最後に有料老人ホームを選ぶメリットについて。やはり介護の負担が減るというのは大きいと思いますまた何かあった時に必ず助けてくれる人がいるというのは大きいですし、家族に迷惑を掛けずに済むので毎日のびのびと暮らせるのは非常に大きいと思います。

 

自分にあった老人ホームを見つけるのは大変なものですが楽しい余生を暮らすためにも十分な検討が必要といえます。

老人ホームの利点や選び方について

快適な老後を過ごしたり、家族に介護の負担を与えないため、老人ホームに入居される高齢者は増えてきています。

良い老人ホームを選ぶならば入居一時金や月々のコストを考える必要があるので、現在の貯蓄や毎月入ってくる年金の金額との兼ね合いを踏まえ、無理のない選択を行うことが求められます。

 

また、有料老人ホームは安易に費用だけで選ばず、家族が暮らす住居との距離の近さやアクセス面についても考慮したり、施設の設備や医療のサービスが受けられるかについても確認しておくことが大事です。

 

85歳になる祖母は有料老人ホームで生活をしてますが、段差が多かったり、家の中だけでなく庭や家の周辺も掃除する必要があり、近所のスーパーまでも非常に遠い戸建の家から、一切住居の手入れや面倒な炊事や買い出しなどが不要な老人ホームへ移り住んだことで、大変楽になったと喜んでいます。

 

脚が少し悪いので、今までは2,3日に一度定期的に家族が自宅の手入れをしたり、スーパーやホームセンターで身の回りの品や食料品や作ったおかずなどを届ける必要があり、介護していた母もしんどい思いをしてたのですが、介護者の負担も無くなり、祖母の前でもいつもより笑顔で柔和に過ごせることが増えたと母も話してました。

医師が定期的に往診に来てくれますし、脚が悪い祖母のために定期的にマッサージを行ってもらえたり、施設内でリハビリテーションの筋トレをすることも出来ます。

 

こまめに医師や看護師から手厚い診療や医療処置を受けられる安心感や、マッサージやリハビリテーションで身体の不調を定期的に緩和出来る安心感も、老人ホームの魅力です。

また、老人ホームへ行く最大の利点は、同年代の入居者とレクリエーションを楽しんだり、交流できる点です。

 

自宅ではいつも引きこもりがちでTVにかじりついていた祖母ですが、老人ホームに引っ越してからは友達も増えたり、レクリエーションで一緒にゲームをしたりカラオケ大会に出たりすることもあったりするようです。

老人ホームで出来た友達やゲーム仲間の話をいつも笑顔で楽しそうによく聞かせてくれるので、寂しさも解消出来て老人ホームに入って良かったなと思います。

老人ホームを選ぶときはここを押さえよう

定年退職を終え、老後を迎えるようになると、必ず老人ホームへの入居が選択肢として出てきます。

しかし、老人ホームの評判も良し悪しがありますから、入居を悩む人も多いのではないでしょうか。ここでは老人ホームへ入居するメリットと選び方について解説いたします。

 

・老人ホームのメリット

老人ホームへ入居するメリットは、よく言われるものとして以下の三つがあります。

 

1、家族の介護負担が減る。

介護の苦労というのはよく語られるものです。ご家族の負担を減らしてあげる意味において、老人ホームへの入居は重要な決断となります。

 

2、食事を提供してくれる。

毎回食事を自分で作るのは大変ですが、老人ホームではその手間はありませんし、栄養管理もしっかりされているため安心です。

 

3、新しい友人ができる。

老後になると新しいコミュニティを作るのは難しくなりますが、老人ホームで新しい出会いを見つけることができます。

 

・老人ホームの選び方

老人ホームといってもサービスは施設によって全然違いますので、自分に合っているかどうか、また優良な施設かどうかを見極めなければなりません。

以下に、選び方のポイントについてまとめましたのでご覧ください。

 

1、施設の充実度

施設が充実しているかどうかは、入居後の暮らしの満足度に関わってきます。あまり不自由をしないで済むところを選びましょう。

 

2、スタッフの人柄

スタッフの対応がいいかどうか、また介護を面倒くさがってないかどうかなどチェックしましょう。

 

3、入居率

なるべく入居率の高い老人ホームを選びましょう。入居率が高いとは、それだけ人気であるということです。

 

以上となります。老人ホームの暮らしは老後の生活の充実度を決めるので、じっくりと検討してみてくださいね。