数ある老人ホームの中から安心して生活できる施設を探すためには、どのような準備が必要になるのでしょうか。

失敗のない老人ホーム選びのためには、次のような手順を踏むことが大切です。

 

まず最初に行うのは、地域の老人ホームについて情報を集めることです。

有料老人ホームは都道府県への届出が義務付けられています。そのため都道府県の窓口やホームページなどから、地域に存在する老人ホームの一覧を手に入れることができます。

 

次に老人ホームの一覧からいくつかの候補を選びだし、パンフレットや重要事項説明書などを取り寄せるようにします。

これらの書類があれば施設での生活の様子やサービスの内容、利用料金などの情報を調べることができます。

 

さらに資料を見るだけではわからないような施設の雰囲気、スタッフの応対、入居者の様子などを確認するためには、実際に施設を見学したり体験入居をしたりすることが必要です。

見学する施設は1ヵ所だけに絞らず、複数の施設を見学するようにしましょう。

 

複数の施設を見学することで、施設ごとの長所・短所を比較できるメリットがあります。

施設周辺の環境や交通の利便性、利用料金、施設の充実度、介護や医療体制などさまざまな観点から、最も条件に合った施設を選び出すようにしましょう。

 

老人ホーム選びをする際に疑問に思ったことは、施設に直接問い合わせてみましょう。また老人ホーム探しをしている人向けに、情報発信をしているホームページもあるので利用してみるとよいでしょう。