高齢になって自分たちで生活を維持してくのが大変になっている夫婦は多いですが、身内の援助や介護が望めない場合は老人ホームに入居するという方法があります。

老人ホームといえば、介護保険で要介護5など重い介護度が認定されなければ入居できないというイメージがあります。

 

しかし老人ホームにもいろいろな種類があって、特に民間が運営する有料老人ホームは、現時点でそれほど重い介護認定をされていない場合や、今介護認定されていないけれども将来介護を必要とすることを見越して、比較的元気なうちから入居することが可能です。

 

介護付き有料老人ホームでは、そこに住みながら同時に介護を受けることが可能で、例えば住居とデイサービスが一体化しているようなところでは、日中はデイサービスで他の入居者と一緒に介護を受けながら過ごし、夜は自分の居室スペースでプライベートが確保できるというシステムになっているところもあります。

 

また住宅型有料老人ホームでは、管理人のような職員が常駐していて掃除や洗濯や食事などの世話をしてもらえて、比較的元気なうちから入りやすいところです。

ただ介護が必要になった場合はそこで受けることはできないことがほとんどなので、外部のホームヘルプサービスやデイサービスを利用する必要があります。

 

費用に関しては運営会社ごとに異なりますが、有料老人ホームに住むということは一般的に賃貸物件を借りたり分譲住宅を購入するのと同じような金額になります。

よって毎月のかかる費用が生活援助や介護サービスを受ける費用と合わせて10万円を超えたり、入居一時金として数千万円を支払うこともあり、一般的に有料老人ホームに入居するにはかなりの費用がかかります。

 

しかしながら近年は同じ地域に複数の有料老人ホームができたりすることもあり、費用は以前よりは安くなっているところも多く、入居しやすくなっています。

近隣の有料老人ホームの資料を集めたり実際に出向いて説明を受けたりして、費用的にもサービス内容に関しても自分に合った有料老人ホームを選ぶのがいいと思われます。

老人ホームの探し方やメリットについて

有料老人ホームでは月額利用料だけでなく、入居の際にある程度まとまった費用である入居一時金が発生するケースが大半なので、貯蓄や毎月の年金等の収入とのバランスを見つめ直したり、毎月かかる医療費や生活費についても計算しておくことが大事です。

 

しかし、狭い自宅や段差が多い自宅とは違い、老人ホームに入居すればバリアフリー仕様で大変安全に暮らせる設備が整えられていたり、常にスタッフが居てくれるので手厚い看護や介護を期待出来るメリットがあります。

 

トイレも座りやすいように座面が高くなっていたり、廊下にも手すりが付けられてたり、風呂や洗面所もバリアフリーで段差が無くなった状態であったりと、バリアフリーの老人ホームも非常に多いです。

また、定期的に医師や看護師が往診したり訪問してくれたり、スタッフが体調管理に気を配ってくれたり、介護の設備やサービスが大変充実しているので、家族に負い目を感じたりせず伸び伸びと生活出来ますし、毎日プロの介護を受けられるので非常に快適です。

 

自分で必死に買い物に出かけたり調理しなくても、美味しい食事を提供してもらえる利点もあります。

老人ホームは施設によっては食事のメニューが選べたり、あまり噛まなくても飲み込めるタイプの食事に対応してくれたりしますし、毎日の栄養管理も万全なので、健康向上のためにも非常に安心です。

 

また、老人ホームの最大の良さは、入居者との関わり合いやコミュニケーションが尽きない環境です。

一人で孤独に生活するのと違い、同年代のシニア層がたくさん集まっていたり、老人ホーム主催のイベントやレクリエーションも頻繁に行われますし、食堂や談話室など出会いが尽きない環境もあります。

 

寂しさや孤独感と無縁に楽しく老後を過ごせる利点もあります。

老人ホームを探すならば価格のみで判断せず、実際に体験入居をしたり、パンフレットで詳しく施設についてチェックするのがおすすめです。

 

実際に老人ホームへ行くと、スタッフの様子や入居者の雰囲気や食事の味などもチェック出来るので、体験入居はかなりおすすめです。